介護のスペシャリスト!ケアマネージャー

介護系お仕事探し

特集記事

  • 異業種からの転職

    異業種からの転職

    異業種から介護業界への転職を検討中の人も求人サイトを活用しましょう。介護職種は決して楽ではありませんがやりがいも大きい仕事です。

  • 様々な知識が求められる介護福祉士

    様々な知識が求められる介護福祉士

    国家資格を要するハイレベルなお仕事、「介護福祉士」について、資格取得までの道のりと仕事内容を紹介します。

  • 単独で接する訪問介護

    単独で接する訪問介護

    数ある介護の職種の中でも、求人需要が増えそうなのが訪問介護です。臨機応変な判断力を要す、やりがいのあるお仕事です。

ケアマネージャーは介護のスペシャリスト

ケアマネージャーは介護のスペシャリスト

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーは「介護支援専門員」とも呼ばれ、介護を必要とされる人やそのご家族の窓口になるようなお仕事です。要介護者の状態をよく観察し、自宅の環境を見てご家族の状況などを聞いたうえで、どのような介護をすればいいのかを総合的に考えてケアプランを作成するお仕事です。ケアプランを作成するだけでなくその後のフォローも行います。この最初のケアプランに沿って本人もご家族もホームヘルパーさんや介護施設などが動き出す事になるので大変重要な仕事になります。

要介護認定の調査も仕事のうち

この他にも市区町村から委託された場合は要介護認定の調査を行う事もあります。介護が必要だと本人やご家族が感じた時に、介護保険を利用するために要介護認定の申請をする事になります。要介護認定の申請が行われると市区町村の調査員が一次調査を行う事になります。
医師による診察と合わせて、調査結果をもとに介護認定審査会が介護が必要かどうかを話し合います。介護が必要でないと判断される場合もありますし、要介護認定をされる場合もあり、要介護認定をされた場合は5段階にレベル分けをされ、訪問介護か施設介護か、介護保険料の補償の上限額などが決まります。この調査員の部分をケアマネージャーが担当する事があります。ケアマネージャーの調査結果によって、本来は介護が必要なはずの方が介護を受けられなくなるケースがあります。この事からもとても重要なお仕事であることがわかっていただけると思います。

ケアマネージャーになるためには

ケアマネージャーはホームヘルパーを経て介護福祉士になり経験を積み勉強をしてやっとなれるような職種です。具体的には介護支援専門員実務研修試験に合格する事が必要になります。合格すると研修を受けた後ケアマネージャーに登録されることになるのですが、そもそも介護支援専門員実務研修試験を受けるためには先述したとおりに実務経験があり介護福祉士などの国家資格を取得している事が大前提になります。

「N-Academy」で合格講座を

介護の経験を積み、介護福祉士などの国家資格を持ち、いよいよケアマネージャーになるための試験「介護支援専門員実務研修試験」を受ける資格を持ったという方は「N-Academy」で「ケアマネージャー合格講座」を受講する事をおすすめします。

N-Academy
ケアマネージャーの資格情報なら【N-Academy】

試験を知り尽くした講師によるインターネット動画による授業を受ける事ができ、まるで講師とマンツーマンの授業を受けているようだと評判です。また毎年出題されている問題をパターン化する事で勉強を効率化しています。また本試験形式の模擬試験を2回も受ける事ができます。

介護のお仕事をお探しの方におススメの記事

正社員を目指す紹介予定派遣正社員を目指す紹介予定派遣